fc2ブログ

本当にFF16は糞ゲーなのか。大荒レビューから暫くして

結論から言えば、神ゲーには遠く届かないが間違いなく楽しく遊べる良ゲーであり
的外れな批判があまりにも多く、過小評価されている作品である。
大人気オンラインゲームのプロデューサーとスタッフが携わった大作RPGとして発表・発売されたFF16
しかしその前評判とは裏腹に辛辣なレビューばかりが取り沙汰され、売り上げも期待していたほど多くはなく
そして糞ゲーの烙印が押され、インタネット上では至る所でバカにされてしまう作品になってしまっている。

だが実際のところプレイをした私の感想とは大きく乖離する的外れな批判も多く、ゲームの出来以外のところで評価され攻撃されたという印象の方が大きい。

確かにプレイをしている中で、不便な所はいくつもあったがそういった不満が無いゲームなどそうそう存在するものではない。
かの神ゲーとして揺るぎないエルデンリングやAC6でさえバランスや操作のしにくい部分やシステムの悪さなどは存在していた。

ならばなぜFF16ここまで酷評され、売り上げも高いとは言えないものになってしまったのかと言う答えは割と簡単にだせる

それはFFブランド、発売機がPS5の二つが最も大き原因で

そもそも普及台数が少なく転売など様々な出来事から性能こそ高性能な物の、PS5という機器自体に悪評やアンチが多くいると言う状態になってしまっていて
このような状態で専売先として選択されてしまっては売上が伸びないのは至極当然である。
しかし、専売にしたメリットとして最適化がすごく良くされていてバグも本当にすくないのはとてもすごい事なのだがそれらに対してはなぜか評価がされないのが歪んでいると感じるところだ。

そしてFFシリーズとして出してしまった事も悪影響してしまっている。
近年のFFシリーズのオンラインゲームを除いた12から15までのナンバリングタイトルの評価が軒並み低くなってしまっているところが連鎖的に低評価へと繋がってしまっている部分は少なくない。
これまでの低評価の連続によってFFシリーズと言うのはこき下ろしても構わないシリーズだとしてネットのおもちゃにされてしまったのだ。

しかも質が悪いことに、他作品を叩くために自分達が糞ゲーとしてきた作品を引き合いにだして攻撃してくるのは本当に気持ちが悪すぎる。
当時、声優の演技やシステムの難解さ、ストーリー上での主人公の扱いなど様々な点でぼろくそに叩かれていたFF12がいつの間にか隠れた名作だと言われたりしているのが当時の評価が間違っているというのを表してくれている。

実際、システムは難解なものの奥が深く、ストーリーも実にファンタジーしていてとても良い出来になっているし
ネタになりがちなFF13もBGMの良さや戦闘の楽しさなど光部分が本当に幾つもあった(悪い部分も確かに多かったが)

そして件のFF16も召喚獣を切り替えたり素早く派手なアクションが多く、ストーリーもいろいろな所に繋がっていて非常に厚く作られている。
だが、それらが評価されるのはきっと今から数年もたちFF17が発売されたころになるのだろうと考えると嫌になる

日本の企業が日本人からのコメントを禁止する理由はこういう所にあるのだと酷く痛感する。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AZEL

Author:AZEL
個人サークル「ありえ~る」にて同人誌などちょこちょこやってました。
コロナタイミングでなんやかんやで同人活動休止中、復活する予定も無い。
とは言え、ショートを書くのは好きなので隠れてちょいちょいやっとる。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック